IFPEX2017 参加企業募集中!

    2017/03/20 [Mon]13:00 編集
    category: 展示会などの参加情報

     ~ IFPEX2017 参加企業募集中
               今回も水圧コーナーにご期待ください~
     
         
    来る9/13(水)から15(金)まで、東京ビッグサイトにおいて第25回フルードパワー国際見本市が開かれます。現在、出展企業を募集中ですので、出展ご希望の企業におかれましては、フジサンケイビジネスアイにお問い合わせ願います(下図、JFPA機関誌「フルードパワー」Vol.31,No.1の表紙広告参照)。

    なお、水圧部会では今回も水圧コーナーに動態展示を含む各社の水圧機器・システムを展示する計画を進めています。3年前の第24回に続き、大規模なブースの予定ですので、興味のある方はぜひお越しください。

    図 IFPEX2017出展企業募集広告



    trackback -- comment --

    ADSサプライヤー企業紹介その9 (株)マツボー

    2017/02/03 [Fri]17:07 編集
    category: 水圧機器サプライヤー

     「ザ・ウォーターハイドロリック
           ・カンパニー・リミテッド社と共に」


    この度、(一社)日本フルードパワー工業会の水圧部会に参加させていただくことになりました ㈱マツボー です。
    この機会を通じ、弊社のウォーターハイドロリックへの取り組みをご紹介いたします。
    弊社はトニー・マーカム氏によって2000年に設立された、世界で唯一の水圧機器専門メーカーである ザ・ウォーター・ハイドロリック・カンパニー・リミテッド社(略称TWHC) の日本総代理店であります。
    そもそも近年水圧技術の復興は、英国NEL=National_Engineering_Laboratoryによる海水中での水圧利用機器開発であると言えますが、このルーツを有し水圧機器と装置開発に当初から参加していたのがTWHC社社長である Mr.Tony Markham です。
    図_海水中での水圧利用機器のイメージ

    英国防衛省の依頼に基づくNELの水圧モータ開発は1975年に開始され、1983年にはShell&Essoの出資により「アキシャルピストン式駆動装置」の開発が進み、1986年には英国FENNER社がこれら技術を取得しました。
    FENNER社は開発を進め1992年には6ccから60cc/revまでのアキシャルピストン式水圧ポンプと水圧モータの商品ラインアップを拡充させましたが、コントロールバルブやシリンダは自社開発せず市場にある機器を用いていました。その後FENNER社水圧部門を含む Fluid・Power・Divisionは一旦英国SPXグループに買収されたのですが、これら全ての水圧開発史の中に常にいたのがトニー・マーカム氏であり、SPX社よりFENNER社時代からの一切の水圧技術継承権を譲り受け、2000年にTWHC社を設立しました。
    水圧機器の設計・製作専門会社となったTWHC社は、FENNERからSPX時代にはできなかったコントロールバルブやシリンダの開発を行い、現在ではアクア・ドライブに必要とされるほぼ全てコンポーネントを準備できるに至り、これらを利用したアプリケーションも欧州を中心に広がりつつあります。
    図_アクア・ドライブ応用装置の例

    TWHC社水圧機器を含むこれ以上の情報にご興味の方は、TWHC社ウエブサイト
    http://www.waterhydraulics.co.uk
    あるいは弊社サイト
    http://www.matsubo.co.jp/product/world/cat08/cat08_16/
    へ是非アクセス下さい。

    trackback -- comment --

    水圧部会より 謹賀新年!

    2017/01/05 [Thu]09:00 編集
    category: NEWS

     ~ JFPA 水圧部会より 謹賀新年! ~

    新年あけましておめでとうございます。
    暖かな正月から、一転して寒さの戻った仕事始めとなりました。皆様元気に出社されていることと思います。新年を迎え、水圧部会の事務局から一言ご挨拶申し上げます。

    本年はJFPAの主要行事として、9月13~15日に第25回フルードパワー国際見本市(IFPEX2017)が開催されます。水圧部会では、前回同様、部会メンバー各社などからの動態展示を含む製品・パネルの大規模な展示を予定しております。

    当ブログでは、これらの見本市情報のほか、ADSの応用装置、関連企業の動向等を精力的に開示していきますので、本年も引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    追伸)
    当ブログに関するご意見やADSに関するご質問がありましたら、下記の問合せ窓口をご利用いただき、何なりとお問合せ願います。なお、電話・FAX、E-mail等の手段にてもお受けします。
     ⇒ JFPAホームページお問合せフォーム:
       http://www.jfpa.biz/contact-us/

    trackback -- comment --

    水圧駆動 消火ロボットシステムの開発 (株)興洋

    2016/12/14 [Wed]09:00 編集
    category: 水圧機器の応用例
    ~水圧駆動 消火ロボットシステム
       を開発 ~    株式会社 興洋


    ㈱興洋(福島県いわき市)が、ロボット関連産業基盤強化事業
    <福島県|ロボット産業推進室>の採択を得て「遠隔操作水圧駆動ロボット
    の開発及び試作」をテーマに、消火ロボットシステムの開発に成功しました。
    画期的な防爆システムとして活躍が期待されます。

    ①水圧で動く消火ロボット
    水圧駆動消火ロボット

    ②動画も公開されています。下記にてご覧ください。
      http://kk-kouyou.co.jp/20161125_1823 
    trackback -- comment --

    JFPA Web SiteにADS英文資料掲載(全訳版)

    2016/12/03 [Sat]15:40 編集
    category: 水圧技術とは?

     ~ 機関誌・創立60周年記念特集号Vol.30,No.2
                の水圧編英訳版をホームページに掲載 ~

         
    本年5月にJFPA創立60周年を記念して「フルードパワー」誌特集号
    Vol.30,No.2が発刊されました。その中の技術編には、油圧・空気圧・
    水圧の技術動向と今後の展望などが解説されています。
    水圧編すなわちADS関連の記事は水圧部会のメンバーが中心となって
    執筆されたものです。

    これらの情報を海外に積極的に開示していこうとするねらいから、
    ホームページ英語版に水圧編英訳版Part 1およびPart 2を掲載して
    来ましたが、今般、Part 3までの全訳版に差替えを行いました。

    下記URLにてご覧いただきますようよろしくお願いいたします。
         http://www.jfpa.biz/en/publications/aqua-drive-system/
    JFPA-HP 英語版上のADS資料(全訳版)
               JFPA-H.P. 英語版上のADS資料
    FLUID POWER Vol30No2_Cover & Contents
          FLUID POWER誌 表紙と目次

    なお、前回のフルードパワー国際見本市「IFPEX2014」にて配布
    いたしましたA5サイズリーフレット“水が機械を動かす!”の英語版
          “Water: the new power for machines!2014”
    も掲載中です。
    来年2017年9月には「IFPEX2017」が開催され、引き続き水圧
    コーナーの展示を行う予定です。これに合わせ当リーフレットも
    一新する予定ですのでご期待ください。

    trackback -- comment --