技術委員会水圧部会委員名簿(2017.4現在)

    2017/05/24 [Wed]09:00 編集
    category: 水圧技術とは?
    技術委員会水圧部会委員 (2017.4 現在)

    部 会 長 宮川新平 (一社)日本フルードパワー工業会
    グループリーダー 大林義博 KYB(株)
    グループリーダー 村田秀紀 (株)阪上製作所
    グループリーダー 田邉康伸 廣瀬バルブ工業(株)
    委 員 (社名あいうえお順)
    〃     黒須 寛  イハラサイエンス(株)
    〃     安藤 進  オリオン機械(株)
    〃     舩坂 新  川崎重工業(株)
    〃     鳥居良介 (株)阪上製作所
    〃     古本 篤  三輪精機(株)
    〃     武田 稔  (株)ジェイテクト
    〃     大川宗久 大電(株)
    〃     柿木宗久 タイヨーインタナショナル(株)
    〃     石丸典幸 豊興工業 (株)
    〃     佐野 明  日工産業(株)
    〃     相澤健二 日工産業(株)
    〃     内田 晃  日本アキュムレータ(株)
    〃     細井耕平 (株)堀内機械
    〃     築山 真  (株)マツボー
    〃     高橋永治 マルヤマエクセル(株)
    〃     渡辺義文 (株)山本水圧工業所


    上記委員の連絡先等についてのお問合せは下記にお願いします。
    事務局 大橋 彰 TEL 03(3433)5392
        E-mail:ak.ohashi@jfpa.biz
    trackback -- comment --

    2017食肉産業展来訪御礼 - KYB(株) 

    2017/04/28 [Fri]15:00 編集
    category: 展示会などの参加情報

     ~ ADSを搭載した食肉加工機械の出展 ~ 
                                     ・・・・・・・KYB(株)・・・・・・

    KYB株式会社は、2017.4.12(水)~14(金)に開催された第42回食肉産業展(東京ビッグサイト)の公益財団法人日本食肉生産技術開発センター(JAMTI)殿ブースにて出展しました。ADSのコンセプト紹介と水圧機器を展示しました。
    ワタナベフーマック(株)殿ブースでは、ADSの適用事例として、冷凍肉用プレス機を出展しました。
    お陰様で、多くの来場者の訪問を受け、ADSを使用した「安心・安全・衛生」がキーワードとなる食肉加工機械を体感して頂き、大変好評でした。
    ご来場、ありがとうございました。

    食肉産業展2017展示物(KYB㈱
    近未来の食肉処理施設

    trackback -- comment --

    2017食肉産業展(東京ビッグサイト)に出展-KYB(株)

    2017/04/07 [Fri]10:30 編集
    category: 展示会などの参加情報

     ~ ADSを搭載した食肉加工機械の出展 ~ 
                                     ・・・・・・・KYB(株)・・・・・・

    来る2017.4.12(水)~14(金)に東京ビッグサイトで2017食肉産業展が開催されます。
    2017食肉産業展.jpg

    JFPA水圧部会の参加企業である KYB()は、公益財団法人 日本食肉生産技術開発センターブース(4O-21において、下記の展示を行います。

    ADSAqua Drive System)のコンセプト紹介

    ・水圧機器とその適用事例の紹介

    なお、同展示会のワタナベフーマック()ブース(4L-15では、ADSを搭載した冷凍肉用プレス機も展示されておりますので、ぜひ、ご来場のうえ、ご覧になってください。
    図_ADSプレス機



    trackback -- comment --

    IFPEX2017 参加企業募集中!

    2017/03/20 [Mon]13:00 編集
    category: 展示会などの参加情報

     ~ IFPEX2017 参加企業募集中
               今回も水圧コーナーにご期待ください~
     
         
    来る9/13(水)から15(金)まで、東京ビッグサイトにおいて第25回フルードパワー国際見本市が開かれます。現在、出展企業を募集中ですので、出展ご希望の企業におかれましては、フジサンケイビジネスアイにお問い合わせ願います(下図、JFPA機関誌「フルードパワー」Vol.31,No.1の表紙広告参照)。

    なお、水圧部会では今回も水圧コーナーに動態展示を含む各社の水圧機器・システムを展示する計画を進めています。3年前の第24回に続き、大規模なブースの予定ですので、興味のある方はぜひお越しください。

    図 IFPEX2017出展企業募集広告



    trackback -- comment --

    ADSサプライヤー企業紹介その9 (株)マツボー

    2017/02/03 [Fri]17:07 編集
    category: 水圧機器サプライヤー

     「ザ・ウォーターハイドロリックス
           ・カンパニー・リミテッド社と共に」


    この度、(一社)日本フルードパワー工業会の水圧部会に参加させていただくことになりました ㈱マツボー です。
    この機会を通じ、弊社のウォーターハイドロリックへの取り組みをご紹介いたします。
    弊社はトニー・マーカム氏によって2000年に設立された、世界で唯一の水圧機器専門メーカーである ザ・ウォーターハイドロリックス・カンパニー・リミテッド社(略称TWHC) の日本総代理店であります。
    そもそも近年水圧技術の復興は、英国NEL=National_Engineering_Laboratoryによる海水中での水圧利用機器開発であると言えますが、このルーツを有し水圧機器と装置開発に当初から参加していたのがTWHC社社長である Mr.Tony Markham です。
    図_海水中での水圧利用機器のイメージ

    英国防衛省の依頼に基づくNELの水圧モータ開発は1975年に開始され、1983年にはShell&Essoの出資により「アキシャルピストン式駆動装置」の開発が進み、1986年には英国FENNER社がこれら技術を取得しました。
    FENNER社は開発を進め1992年には6ccから60cc/revまでのアキシャルピストン式水圧ポンプと水圧モータの商品ラインアップを拡充させましたが、コントロールバルブやシリンダは自社開発せず市場にある機器を用いていました。その後FENNER社水圧部門を含む Fluid・Power・Divisionは一旦英国SPXグループに買収されたのですが、これら全ての水圧開発史の中に常にいたのがトニー・マーカム氏であり、SPX社よりFENNER社時代からの一切の水圧技術継承権を譲り受け、2000年にTWHC社を設立しました。
    水圧機器の設計・製作専門会社となったTWHC社は、FENNERからSPX時代にはできなかったコントロールバルブやシリンダの開発を行い、現在ではアクア・ドライブに必要とされるほぼ全てコンポーネントを準備できるに至り、これらを利用したアプリケーションも欧州を中心に広がりつつあります。
    図_アクア・ドライブ応用装置の例

    TWHC社水圧機器を含むこれ以上の情報にご興味のある方は、TWHC社ウエブサイト
    http://www.waterhydraulics.co.uk
    あるいは弊社サイト
    http://www.matsubo.co.jp/product/world/cat08/cat08_16/
    へ是非アクセス下さい。

    trackback -- comment --